家族と家づくりblog

桧家住宅で注文住宅を建てている真っ最中です。※4月~5月まで多忙のため更新頻度低下中(;一_一)

【桧家住宅】契約後の打ち合わせ①間取りの打ち合わせ

間取り打ち合わせ

9日は朝10時にお迎えが来て、家に帰ったのは午後4時でした。

移動と昼食抜いて4時間とちょっとくらい。

…疲れたよ。

 

間取りの打ち合わせで決めること

今回で決めるのは、「間取り」です。間取りの打ち合わせって言ってんだからそりゃそうだろって思うかもしれませんが、実は「何をどのタイミングで決定するのか」が未だに不明確だったりします。

どこまでが「間取り」に含まれているのか、素人にとっては良くわからんのです。

例えば、システムキッチンの種類だったり、棚に扉を付けるか付けないかだったり、勾配天井にするかしないかだったり。

システムキッチンについては次回の色打ち合わせで決めるらしいですが、それ以外はぶっちゃけよくわかりませんw間取りというよりオプションの有無のような気がしますが…後になって「間取りは決定しているので変更には料金がかかります」なんて言われるのも嫌なので、今のうちにとことん詰めておくのが良いでしょう。

間取りの打ち合わせ当日に出された間取りは…

私は「素人より経験のある人が作る間取りの方が信頼できる」と思っているのであんまり口出していません。一方で、夫は毎日のように数センチの細かさで要望を伝えつづけ、打ち合わせ前日にもまだ要望を繰り出し続けていたために、当日までにしっかりした図面は出ていませんでした。

間違いだらけで間に合わなかったのはどう考えてもこっちの責任なのでしょうがない。ただ、何が正しくて何が正しくないのかも混然とした状態だったので、とても分かりにくかったです。もう手書きでいいから新しく間取り書いたほうが早くないか?状態。

そんな間違いだらけの図面と3D画像を見ながら間取りの打ち合わせを進めていきます。

間取りの打ち合わせで変更・保留にした部分

一個一個書くときりがないので、間取りが(正しいものが)出来上がった後に細かく書いていこうと思います。

揉めた点だけ書きますね。

玄関

こちら側からの要望として契約時から大幅に変更した点はありませんでした。玄関の幅くらいです。廊下を広く取っていたのを少し狭くして、玄関土間を広げました。

間取りの打ち合わせ時は広さ問題だけで終始しましたが、家に帰った後で「シューズボックスが2の字で2列じゃ収納が少なすぎるのでは?」ということになり、3列コの字のシューズボックスに変更してもらい、そのサイズに合わせた玄関幅にしてもらうことになりました。

塔屋(屋上へ上がる階段の位置)

桧家側で大きく変更されていたのが塔屋の位置(屋上に上がる階段の位置)です。

当初、吹き抜けの1/4が屋上への階段下になる予定でした。つまり、吹き抜けの一部が段々になって見える状態ですね。そうなると、シーリングファン(くるくる回るおっきい扇風機みたいなやつ)を真ん中に取り付けることができなくなります。

そこで、ひとマス分(91cm)ずらして、吹き抜けに影響がないようにしてくれていました。

私はこれですごく良いと思ったのですが、夫は階段の途中に部屋があるような状態がお気に召さないらしく、いまでもグチグチ言っています。段数を減らして少し広めに廊下を取ることもできるらしいので、多分その方向になるかな。

ちなみに塔屋の位置をずらしたので、外観も当然変わってきます。我が家は塔屋がぴょこんと飛び出ているような形なので、丸窓にしたら潜水艦みたいでインパクトがあって可愛いんじゃないかと提案しました。丸窓が結構お高めなので、まだ保留中です…

吹き抜けの見せ梁

キャットウォーク用の梁を用意しておきたい。そう思って最初は付けていました。が、吹き抜けがそれほど大きくないので梁が邪魔にしかならない…(;一_一)

そこで、吹き抜けの壁にくっつけるようにしてはどうか?という案が出ました。契約してから間取りの打ち合わせまでの2週間の間に、です。

一応3D画像には反映されていましたが…あんまりイメージが沸かず。付けて変になるよりは、最初は何もなしにしちゃって、猫を飼い始めてどうしてもやりたくなったら自分でつけようということで決着しました。

結局吹き抜けは階段も梁も何もない、ストレートでシンプルな吹き抜けになりそうです。…よかった。

早速出ました「実はオプションでした」

夫は何度も口酸っぱく、「自分たちは素人だから、後々になって追加費用が必要だったってならないように、細かく聞いてるんです」みたいなことを言っていました。

しかし、出てしまうものですね。「実はオプションでした」。

びっくりしたのは、青空リビングに出るドアの屋根部分。展示場で私、「これも青空リビングを付けたらついてくるんですか?」と聞いた記憶があります。バッチリあります。「はい」と言われました。絶対言われました。

実際は11万かかりました…orz

間取りの打ち合わせ後、2日くらい経った後に知らされた衝撃事実です。11万って高いよ!高いけど必要でしょ屋根!!

あ…勝手口の屋根もオプションだったりするのかな…。確認したほうがいいかな…。

3D画像には平気でオプションを組み込んでいるので、桧家住宅で間取りの打ち合わせをする方はオプションがどれなのか明確にしておいた方がいいですよ。まぁ、聞いたところで「標準です」→「実はオプションでした」ってなったら意味ないですけどね( ;∀;)

あとは廊下から吹き抜けを見下ろす腰壁に、猫が通れるくらいの穴を開けようってことになっていました。ここに関しては結構前から話していたのですが、これがオプションで料金が発生するとは一言も言われていませんでした。

大工仕事だからお金かからない的なこと言ってたじゃん…だから穴を3つに増やす案出したのに…後だしずるい。。。

夫が細かすぎてぐったりすることも多々(いや毎回)ありましたが、こまか~~く突っ込んでいたから今程度の「実は」で済んだのかな…とも思ったり。

まだまだ後出しされそうな気もしますが、削れるところは削って何とか予算内に収まるようにがんばりたいと思います…。