家族と家づくりblog

桧家住宅で注文住宅を建てている真っ最中です。※4月~5月まで多忙のため更新頻度低下中(;一_一)

建売住宅から注文住宅に方向転換した経緯

20190109アイキャッチ

東京で注文住宅を建てるなんてごく一握りのお金持ちにしかできない超贅沢なことだから私たちは建売しか買うことができないんだ…。

と、何の根拠もなく思っていた時代がありました。

 

建売で満足できなかった理由

家を買うと決めてからは、暇さえあれば建売を見まくってました。

…見まくってました。朝10時から夜9時までとかふつーに。2~3ヵ月くらいで、何軒見たかわからないくらい見ました。

自分の希望が全部叶う家なんてないことは理解しているつもりでしたし、私は「ここならまぁいいかな~」くらいに思える家もありました。が、二人ともが「まぁいいかな~」と思える物件は残念ながら出てきませんでした。購入を焦っていたわけでもありませんし、夫は大きな買い物はじっくり選ばないとダメなタイプと自称していたので、「ここもまぁいいけど、もっといい物件が他にあるかもしれない」という思いに憑りつかれてしまったんでしょうね~…。

なので建売の購入を考えている方は、節操なく見学するのはやめておいた方がいいですよ。まじで。

特に飯田グループの家は何を見ても大体同じなので、周りの環境が希望と合致しない限りは見なくていいと思います。一回、一日中ずっと飯田の家だった時があって、「もう飯田はヤダ…」状態に陥ったので、飯田グループを検討されている方は「ここぞ!」という物件以外見ない方がいいですよ。まじで。

そんなこんなで立地は良くても家が気に入らなかったり、家が良くても立地がダメダメだったりと難航し、もううちらに残されたのは注文住宅しかないのでは?という具合で住宅展示場へ足を運んだ経緯です。

建売に戻れなくなった理由

住宅展示場に行ってしばらくは建売も並行して探してました。

でもねー…。一回ハウスメーカーの営業さんの話を聞いちゃうと、建売が怖くなってしまいまして…。

正直、注文住宅は間取りとか内装とか外観とかが自分たちの自由にできるっていう認識しかなかったんですけど、建売と注文住宅では住宅性能が全く違うんですって。

もちろん、建売でもちゃんとしたもののほうが多いとは思います。ただ、感覚として、建てれば建てるほど儲かる仕組みってのは見落としや作業の簡略化がありそうじゃないですか。で、何かしら不具合が出たらショックじゃないですか。見えない部分だし。

10年は良くても20年後、30年後までにかかるメンテナンス費やら光熱費やらを考えれば、自分たちで構造まで納得した家に住んだ方が結果的に安くなるかもしれない…。

という具合で注文住宅を建てる決意を固めました。…というよりも、内部構造を公開していない建売が怖くて買えなくなりました( ;∀;)